どこに頼めばいい?注文住宅の施工業者大研究

コストパフォーマンスに優れたハウスメーカー

ハウスメーカーで注文住宅を建てるメリットとして、抜群のコストパフォーマンスの良さという点が挙げられます。大手のハウスメーカーは、全国各地に自前の住宅展示場を持ち、たくさんの注文住宅建設を受注しています。そのため、建設資材を一括で大量購入することによって、中小の住宅建設会社よりも割安な価格で注文住宅を建設できるんです。そして、何と言っても、いろいろな種類のモデルハウスを見て回ることで、完成した家を実際に見ることができるのが魅力ですよね。せっかくのマイホームなんだから、できあがった家を見てイメージと違うというのは悲しいですよね。

アフターサービスが頼もしい工務店

大手のハウスメーカーにない、手厚いアフターサービスが小さな工務店の魅力です。地元に密着した営業をしている工務店にとっては、注文住宅を建設した後もアフターサービスに手を抜くことは許されません。なぜなら、お客からの口コミや紹介が、新規の注文住宅建設の大きな資源となっているからです。「窓ガラスが割れてしまった」、「台風で雨漏りするようになった」なんていうときにも、電話一本ですぐに駆けつけてくれます。建設後一定期間以内なら、不具合が起こっても無料で修理するという工務店もあります。

デザイン優先なら設計事務所

オシャレで、モダンな注文住宅にしたいというときには、設計事務所に依頼して家を建てるのがよいでしょう。設計事務所で注文住宅を建設するときには、建築士と施主との間で、何度もミーティングが開かれ、意見交換が行われます。建築士は図面ができあがると、施主の元を訪れ、その内容について細かく説明を行います。施主が細部にまで納得してはじめてゴーサインが出されるようになっています。まさに手作りといった感じですが、希望通りに注文住宅を建設するには地道な作業が大切なんですよね。

注文住宅は一般的な建売住宅と異なり、外観のデザインや設備の配置場所などを自由に決めることが出来るのが特徴です。その一方で建築資材が特注品になることが多く、費用が割高になる点を注意する必要があります。