飲食店の運営は従業員が定着するかどうかが鍵になる

一般的に飲食店は離職率が高い

バイトであろうとパートであろうと、そして正社員であろうと飲食店の離職率は高いことで知られています。というのもハードワークであり、長時間拘束されることも珍しくないためです。とはいえ飲食店を維持、運営していくためには一定数の従業員が必要であり、人手が足りない場合は求人広告に原稿を掲載する必要があります。そうした事情から、求人サイトや求人誌には多くの飲食店が求人情報を掲載し、広く人材を募集しているのです。

従業員を定着させるための取り組み

飲食店側としては、せっかく仕事を覚えてもらった従業員に退職されてしまっては、時間やコストの無駄になりかねません。そのためにはより定着率を高める必要があるのですが、そのためには様々な工夫が必要になります。例えば給与を上げたり、シフトを融通したり、業務を効率化したりと多くの取り組みが実際にはされています。ですが、そのために余計な人件費がかかってしまう場合や、業務自体に支障が出ることもありますので、とても効果が上がっているとは言えないのが現状です。

働きやすい環境をつくる

従業員が定着するためには、働きやすい環境を整える必要があります。仮にその点でうまくいけば、従業員が新たな人材を連れてくることもあり得ますし、長期間に渡って働いてもらえる場合もあります。また、ベテランの従業員が増えればそれだけお店側の業務負担も減っていきますので、新人が定着しやすい環境をつくれる場合もあります。そのためにも、働きたいと思えるような職場環境を整え、従業員がこの職場で働いていることを胸を張って言えるような店づくりをしなければなりません。

飲食店の譲渡を決意したならば、慎重に対応することをおすすめします。不動産会社が提示する見積書は、じっくり比較しましょう。