かなりのお金がかかる!?一生賃貸で暮らすためには

賃貸住宅の家賃はローンとは違う

誰しもできれば自分の家を持ちたいと思っていますよね。持ち家は自由度が高く、自分の好きなように部屋を作り変えたりすることもできますし、騒音を気にしてテレビの音や音楽の音量を小さくする必要もなかったりします。とはいえ家は欲しいけれどもそうは言ってられないということもありますよね。賃貸住宅のいちばんのネックは、毎月家賃を支払わなければならないことで、しかもローンのように払い終わるということがないということです。

問題はリタイア後の収入

それでは一生賃貸物件に住むとしたらどのくらいの蓄えが必要なのでしょうか。仕事をしていて安定した収入があるのであれば良いのでしょうが、しかし問題なのはリタイア後に収入がなくなる、あるいは収入が激減してしまったというときです。年金収入があったとしても、やはり家賃というのは家計の出費の中でも大きなウエートを占める場合が良いものですよね。なので一生賃貸で暮らすとなったら、リタイア後の家計状況というものを見なければならないのです。

一生賃貸物件で暮らすとしたら

したがって、一生を賃貸物件で暮らしていくとしたらかなりの蓄えが必要になるでしょう。中でもリタイア後の人生を30年だったと仮定した時、30年間でかかってくる賃貸物件で生活した時の家賃や更新料、敷金や礼金などの初期費用などの額を計算してみると、だいたい3000万円くらいはかかってくるという試算もあるようです。年金の収入だけでこれらの支払いを済ませるのは簡単なことではありませんよね。負担が厳しいということなら、住宅のクオリティなどを下げるといった手も講じる必要があるでしょう。

札幌市清田区の賃貸マンションはもしも何らかの近所トラブルに巻き込まれたとしても賃貸なので引越しが簡単に出来ます。ですので、引っ越すことによって解決出来ます。