のちのちのトラブルの種にも!?賃貸契約書を確認しよう

重要事項説明書と賃貸契約書

賃貸住宅の契約を結ぶ時、賃貸契約書というものを交わします。しかし、契約書を交わす前に、重要事項説明書というものを提示されたことはありませんか。この重要事項説明書と賃貸契約書の違いって何なのでしょうか。重要事項説明書というのは、賃貸契約書を交わす前の最終確認のためのものであり、したがって重要事項説明書に書かれていることに納得ができないため契約書を交わすこともできないという判断もありなのです。前もって説明書を受け取って目を通しておくと良いでしょう。

特約のチェックは怠らず

賃貸契約でもいちばんトラブルになりやすいのは、敷金の返還についての取り決めです。敷金の返還というのは、住居から退去するときに問題になることなので、契約を結ぶ時にはどうしても確認が疎かになってしまいがちですが、トラブルになりやすい項目であるためしっかりとチェックしておくべき項目でしょう。特に目を通しておきたいのは、「特約」という項目です。この「特約」というところに、「敷金は返還しない」などといったようなことが書かれている場合もあるので、目を通しておきましょう。

細かい部分も見ておこう

特約などのほかにも、契約書は目を通しておいて損はありません。たとえば、更新料の支払いについて契約書に書かれていることがあります。家賃一か月分のこともありますし、また家賃の半分ということもあります。更新料について知らなかったりすると、更新の時期になってびっくりすることもあったりするので、前もって確認しておきましょう。また退去の通知についての記載もあり、こうした通知の義務を怠ると家賃を余分に支払わなければならないケースも出てくるので、よくよく目を通しておくべきです。

札幌市東区の賃貸マンションは鉄筋コンクリートで造られているので大きな地震が起きたとしても木造で造られている一戸建てより被害が少なく済むことが出来ます。