引越しが終わって住み始めた新築住宅で傷つけたくないもの3つ

重いものを落とすと傷つくフローリング

新築住宅で、もっとも傷がつきやすい箇所がフローリングです。フローリングは、そこに固いものを落とすだけですぐに傷がついてしまいます。また、家具やいすなどを擦ったりした場合も当然傷がついてしまいます。特に小さな子供がいる家庭では、最もフローリングが傷つきやすいといえます。一度傷がつくと、元に戻すためには、張替えしかありませんので、非常に費用がかかりますので、特にテーブル周りには、カーペットや絨毯をひくなどして、フローリングを保護しましょう。

子供の落書きのキャンパス、壁紙

小さい子供がいる家庭では、もはや壁紙が落書き専用になっているところもあるかもしれません。とにかく壁紙は汚れやすいといえますが、タバコを吸うかたがいれば、その時点で、張替えを覚悟しておかなければなりません。また、傷がつきやすいのも壁紙であり、家具の設置や、もっている固いものの角が当たったりした場合なども、その原因になります。壁紙はどうしても傷がつく場合は、特に人目につきやすい部分などは、自分で張り替えてみてもいいかもしれません。

意外と枯れやすい庭の芝生

新築住宅のが完成して間もないころは、庭に植えた植物は、まだ、地盤に根が馴染んでいない状態ですので、とても枯れやすいといえます。特に芝生は、庭の多くの部分に植えられる事が多いと思いますが、根が短いため、土地に根が馴染みにくいため、枯れることがよくあります。これを防ぐためには、こまめに水をあげる必要があります。そうすることで、根が土地に馴染むスピードが早まり、かなり芝生が枯れる確率を下げることができます。

草加市で新築一戸建ては現在では増加している傾向にあります。草加市では、安い費用で土地を購入する事が出来る特徴がありますので、新築一戸建てを建築するには最適の地域です。多くの人が草加市の中で新築一戸建てを購入しています。