一人暮らしの時の挨拶!ポイントをチェックしよう

挨拶は早めに行きましょう!

一人暮らしの時に挨拶をする方も多いと思いますが、行くタイミングに迷ってしまう事がありますよね?引越しが終わった後が良いのか、作業前に行った方が良いのか迷うところですが、やはり作業前に行った方が良いみたいですね!引越し作業中はドタバタしたり、トラックなどが邪魔になってしまう事がありますので事前に挨拶をしておいた方が住人の方も安心ですよね!事前に挨拶に行けない場合は引越し後でも良いみたいですが、あまり遅くなるとタイミングがありませんので早めに挨拶をした方が良いでしょう!

粗品を用意しておきましょう!

引越しの挨拶の時は粗品があった方が良いとされていますので何かしらの用意をしておきましょう。粗品ですのであまり深く考えずとも良いのですが、タオルや石鹸などが定番のようですね!金額的には500円~1000円位でも良いと言われていますので、そこまで負担になる事もないのではないでしょうか。「タオルなどでは面白みが無い」と感じる方もいるかもしれませんが、あまり凝った物ですと迷惑になる事もありますので、無難な物を選んだ方が失敗が少ないようですよ!

どこまで挨拶へ行けば良い?

挨拶をする際にはどこまで行けば良いのか迷うところですよね。一人暮らしの場合ですと集合住宅を利用する事が殆どかと思いますが、集合住宅の場合は両隣と上下に挨拶へ行くようにした方が良いでしょう!また、管理人がいる場合は管理人にも挨拶をした方が良いと言われていますし、大家にも挨拶をするケースもあるようですね!挨拶は必須という訳でもありませんが、挨拶をする事でご近所からの心証も良くなる事がありますので、行けるようなら行っておいた方が無難なのではないでしょうか。

家賃保証システムとは、不動産の賃料を補償対象とした取引です。空き室や借主の支払遅れにより賃料が確保できない場合は保証会社が代わりに支払いを行います。保証会社は支払いが多く発生すると損失となるため、そのような物件の契約更改を望みません。そのため不動産オーナーは契約更改のため設備や景観の向上に向けた投資を行うようになります。保証会社は設備投資工事の受託ができるので、結果的に双方に利益のある取引です。